web漫画家やしろあずきの日常

web漫画家、やしろあずきの日常や愉快な家族エピソードを4コマ形式で紹介!やしろあずきオフィシャルブログ

2017年02月

日記漫画004「vsプログラマー」面接とか免除されたのかな?  どうも、最近血便しか出ないやしろあずきです。死ぬのかな? さて、僕は大学を卒業してから、多分5年ぐらい(3回会社変わってますが)ゲーム会社でプランナーとして働いていたんですよね。最初に中小ベンチャー

日記漫画004「vsプログラマー」

面接とか免除されたのかな?

 

 

どうも、最近血便しか出ないやしろあずきです。

死ぬのかな?

 

さて、僕は大学を卒業してから、多分5年ぐらい(3回会社変わってますが)ゲーム会社でプランナーとして働いていたんですよね。

最初に中小ベンチャーに入り、大手に転職、また別の大手に転職という感じでキャリアを形成してきたんですが、毎朝会社にいくのが嫌すぎて辞めました。だって嫌なんだもん。

 

割とその時の話を聞きたいって言ってくれる人も多くて、結構漫画のネタにしたりゲーム業界内情暴露本みたいな同人誌も出してガチ訴訟されかけたりもしてるんですが…

せっかくブログを始めたのでそのあたりの話も書いていこうかなと思って今回はゲーム会社をテーマにしました。

 

といっても今、なんか凄く忙しくて長文を書いてる余裕とかないんですよね。

ていうか長文はねとらぼの連載でめちゃくちゃ書くし。

もう世の中の全ての文章を140文字以内で完結させたい。

Twitter最高~~~!!!!頼むからなくならないでくれ。

 

…という事で余裕がないので今まで僕が描いてきたゲーム業界ネタの漫画を数本再掲して、それに関してコメントをしていく形にしていきたいと思います。手抜きではない。

 

漫画を載せつつその時の状況や、漫画的表現として盛っている所もあるので実際はどうだったか~なども解説していきたいと思います。

あとはゲーム業界で働くメリットとデメリットを自分なりにちょっと紹介できればと。

 

それではどうぞ。

 

懐かしいですね。めちゃくちゃ修羅場った時期にも素材集めに興じていた時に発生した事件です。

机の横に3DSを出しておいても別に怒られない環境ですが、モンハンの新作が出た翌日とかは仕事中ローカル部屋を見ると大体どこも埋まっているぐらい会社の秩序が崩壊し、ちょっと上司が厳しくなります。まあ上司もやってんだけど。


結構喫煙する方は多くて、喫煙室の壁はまああたりまえに黄色に染まってました。

この話は先輩に「結構みんなだらしないからPCとかロックかけずに離席するんだよね」

って話を聞いて試してみようと思ったいたずらです。

マジでみんな血相替えて飛び出していくから笑った。

 

これは結構誇張してて。実際こんな風にあたりながらハシゴは降りてないです。

だって危ねえじゃん。

ただ、マジで非常はしごで降りましたね。なんか周りが柵で囲まれてて安全でしたが。

トイレの窓から地面にカバンを投げてカバンが泥だらけになってめちゃくちゃ凹んだのを覚えてます。マジで外人の定時になったら即座に帰る鋼の心は見習いたい。

 

まあこれは全部やりました。

花火は会社の地下駐車場でやりましたね。みんなで酒呑みながら。

なんか花火大会が雨で中止になったからとかだった気がします。

最後の電話はなんか最初に入った会社で電話研修をやらされたんですが、そこでやらかした出来事ですね。

死のうかと思った。というか研修やっといてそれ以降開発は電話とるなとかで一度も取ってないしな。

なんだよこの研修。

 

 

 

はい、まあこんな感じのラフな業界なんだなって事がわかって頂ければ。

僕がやりすぎてる事は認めますが。

 

さて、では最後にこれからゲーム業界を目指すぞ!!と意気込んでる皆様へ僕からゲーム業界に入るメリットとデメリットをお伝えします。

 

※注意事項

・僕はプランナーだったのであくまでもプランナー目線の意見です

・個人が感じたメリットデメリットなので参考にしすぎないでください

・会社によって全然違うと思うので参考にしすぎないでください

僕は社会人としては最悪のゴミクズです

 

ゲーム業界に入るメリット

 

☆朝がそんな早くない

 大体10:00出社、昼までなら自由という会社も

☆服装自由

 別に夏とかタンクトップでも全然OK、上半身全裸の人もいた

☆仕事中にゲームができる

 だって研究だもん。PS4持ち込んで自分の机で遊んでる勇者もいた

☆堅苦しい雰囲気じゃない

 みんなゲームが好きだし、上司とのお堅い関係とかあまりない

☆飲み会とか強制参加じゃない

 上司に酒を注いで回るとかいう悪しき習慣もないです、一度もやったことない

☆仕事中寝れる

 寝まくった

☆仕事中Twitterできる

 しまくった

☆仕事中エロサイトを見れる

 これはちょっと怒られた

☆お腹がいたいって言って午前中で帰れる

 最低の行為

 

後半は僕がクズってだけです

 

ゲーム業界に入るデメリット

 

☆残業が基本多い

 出社が割と自由なぶん夜は遅いです。大体裁量労働制のため残業代も出ません

 ちなみに僕は裁量労働制という言葉が世界で一番嫌いです。

☆他の業界に比べて社会常識はあまり身につかない

 みんな心が子供のまま大人になっていったような人達ばかりだし園児クラスの精神年齢

 じゃない?大丈夫?って人も普通に働いてます。楽しいけど。

☆趣味と仕事の境目がなくなる

 これはどの業界にも言えることかもしれませんが、好きなことを仕事にすると結構辛い

 事もあります。僕なんか漫画に加えて日々を記事にするwebライターまで始めてしまった

 ので24時間仕事してる感じです。たまに死にたくなる。楽しいけど。

☆休日出勤ガンガンある

 まあ所属しているプロジェクトにもよりますが、開発が佳境に入るとマジで土日一日も

 休めないどころか睡眠時間もまともに取れない日もあります。大手というか、有名な

 タイトルになるほどそういう現場が多かったです。ていうかゲームプランナーって一番

 帰れなくない?なんなの?

☆マスターアップの実感がない(ソシャゲ開発に限る

 ソシャゲってリリースしてから始まりじゃないですか。会社によっては企画が運営も兼ねてる

 場合もあって、その場合なんて地獄ですからね。企画と運営は分けてくれ。俺はマスター

 アップ後に一週間ぐらい休暇を取りたいんだ

☆たまに殴り合いの喧嘩が見れる

 何ここ?小学校?

 

 

……まあ、正直デメリットの部分は業界当たり前の所とか結構ありますよね。

現役の方はこんな事も我慢できないなら辞めて正解、向いてない!って思う人も多いと思います。その通りです。

 

僕の場合マジで根の性格が会社員に向いてないし、自分が作ったゲームに給料落としてガチャ引いたりして会社から貰ったお金を会社に返してるような人が全く理解できなかったし…

いや、悪いことだとは思いませんよ。自分が作ったゲームを愛してる物凄く良い開発者だと思います。

ただ僕にはそこまでの熱意がなかったってだけです。

あとは自分がなんでも好きに決めたいっていう意識が強かったんでしょうか。

ゲームプランナーになったからって1から全て自分が決めて、ぼくのかんがえたさいきょうのゲームが作れると思ったら大間違いで。

 

最初はほんと雑用からだし、勿論それを乗り越えていってこそ自分が考えたモノを世に出すことができると思うんですが。僕はそこまで耐える忍耐力はなくて…

なのでほぼ自分の思いついた事をそのまま世に出せる今の生活は本当に楽しいです。

辞めてよかった正社員。安定もクソもないしゲロ吐くほど忙しいけどな。

 

 

なので別にプライベートなんて元からあってないようなものだし、四六時中ゲームの事考えてられるなんて最高じゃん!!!って人はゲーム業界は向いてると思いますよ。

 

 

 

あ、あと真面目に業界の事について語ってるのはAskで見れますので以下を参照してください。

https://ask.fm/yashi09/answers/107131865413

 

ではまた次回!

 

日記漫画004「vs母親」 やしろあずきです。皆様知っての通り僕の母親はめちゃくちゃファンキーな人です。やしろあずきはどうでもいいから母親を見せろという母親ファンの人も多いことでしょう。僕の母親の事をよく知らない人は下の動画を見ればなんとなくわかると思います。
日記漫画004「vs母親」
 
やしろあずきです。
皆様知っての通り僕の母親はめちゃくちゃファンキーな人です。
やしろあずきはどうでもいいから母親を見せろという母親ファンの人も多いことでしょう。
僕の母親の事をよく知らない人は下の動画を見ればなんとなくわかると思います。
 
 
 
僕は消したいですが。これ。
 
 
Twitterのフォロワーも多いですね。
フォローしているのが僕と朝日新聞だけという謎さも良いと思います。
 
 
 
夕飯にセフィロス一体を出されたり
 
玄関に中学時代の黒歴史ノートを飾られたり
 
 
こんな感じの母親とのやりとりや事件をTwitter上などでたまにアップしてる僕なんですが
よく最近
「なんでそんな母親と仲がよいの?」
と言われます。
 
仲良いんですかね…これ…
 
まあ、世の中には母親と一切口を聞かなかったり、喧嘩ばかりしている人も勿論いるでしょうから、そういう人と比べれば確かにウチは物凄く仲がよい親子だと思います。
実際、友達みたいな感じですしね。
 
なので今日は何故そんな僕が母親と仲が良いのかをちょっとだけお話したいと思います。
 
まず、ウチは母子家庭です。
父親は僕が小学五年生?あたりで亡くなっています。
 
父親はファッション系の経営者で、ずっと飛び回っているタイプだったので子供の頃から全く遊んだ記憶はなく、たまに旅行に連れて行ってもらった記憶ぐらいしかありません。
まあ、その父の頑張りのお陰で母子家庭といえども経済的には困る事はなかったのでそこは凄く感謝していますが、それでも父に関しては余り良い思い出はありません。
 
生まれたてのやしろあずきと母親。手前の真夏の刑事っぽいのが父です。
 
 
父が亡くなってから、家に祖父と祖母はいましたが実質女手一つで僕は育てられました。
めちゃくちゃ大変だったと思いますよ。
 
母もファッションデザイナーをしており、仕事をバリバリこなしながらこんなクソガキを育てるのは。僕だったら諦めて東京湾に沈めてると思います。
 
しかもまあ、まともに育ってくれればいいものを中学時代あたりからネトゲにハマってネカマに騙され泣き喚くわ、レベル99になるまで学校に行かないとゴネるわ、挙げ句の果てにマジで引きこもるわ。
最悪のクソガキでしたからね。
 
勿論母親もそれを黙って見ていたわけじゃなく
窓からノートパソコン投げ捨てられたりとかされましたし、学校をさぼって入り浸っていたネカフェの場所を特定されて殴り込んできたりもしました。
 
当時友達だったそのネカフェの店長に頼み込んで店員用の休憩室の中で震えながら隠れてたのは良い思い出です。良い子のみんなは真似しちゃダメだぞ。
 
 
ただ、それでも僕がハマっていたお絵かきやゲームなどをやめさせるという事はしなかったんですよね。
興味を持ってやってみた事や、作ってみたものは純粋に褒めてもらえて、僕はそれが凄く嬉しかったです。
 
 
学校をサボったり、人に迷惑をかける嘘をついたり、やってはいけない事に対してはめちゃくちゃ厳しかったですが、自分の趣味を押し付ける、というか、自分が理解できない事をやらせない、やらせたがらない。という事は全くありませんでした。
なので、本当に好きなことを好きなだけさせてもらっていたと思います。
そこは本当に感謝しています。
 
そういう育て方をした結果出来上がったのが僕なので正しい育て方かどうかは全くわかりませんがね!ガハハ!
 
 
まあ、そんなこんなで高校を出て、大学を出て、社会人としてゲーム会社に入社してからも。
母と生きてきたわけです。
 
 
僕がTwitter上でマンガを描き始めた時も応援してくれました。
ちゃんと全てのマンガを読んで感想もくれました。
会社を辞めた時も何も言わず話を聞いてくれました。(働かないでずっとニートしてた時はめちゃくちゃブチギレられましたが)
変な動画撮影にも付き合ってくれました。ていうかこれは今は母の方がノリノリですが。
 
そして今も色々馬鹿な事に付き合ってくれています。
 
母親がいなければ、今の僕は絶対になかったとハッキリ言い切れます。
 
まあ、なんでこんなしみったらしい文章を書いてるかというと、僕は実家を出る時、母に感謝の言葉を伝えてなかったんですよね。
なのでちゃんと感謝の言葉をこの日記とLINEで伝えようかなと思いまして、さっきLINEもしたんですが
 
 
 
 
以上、実の母親に感謝したら詐欺だと思われた息子でした。
 
結婚し実家を出てしまったけど、これからもずっとよろしくお願いします。
クソほど迷惑をかけてきたぶん、これからじっくり親孝行していきたいので長生きしてくれ。
 
 
あと手違いでそっちの口座に振り込まれてる僕の還付金早く返してください。
1万6000円ぐらいです。早く。
 

日記漫画003「vsダイレクトメール」  やしろあずきです。    この間取材でコスプレ撮影スタジオに行ってきました。その時の記事はこちら(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/08/news136.html)から見れますので、是非見てみてくださいね。  さて、めちゃく
日記漫画003「vsダイレクトメール」
 
 
やしろあずきです。
 
 
 
この間取材でコスプレ撮影スタジオに行ってきました。
から見れますので、是非見てみてくださいね。
 
 
さて、めちゃくちゃ更新空いてしまいましたね。
最初のほうでは2日に1回は更新する事を目標に~とかほざいてた気がするんですが、3日坊主にもならなかった。これが意志の弱さです。
僕は意思が弱いことで有名なんで。一般の人の意思と僕の意思を比べて見て欲しいです。
 
左が一般の人の意思で、右が僕の意思です。
 
 
意思というかうんこですね。うんこ。そう、僕はうんこです。
 
 
でもしょうがないんです。うんこになるのにも理由があったんです。
めちゃくちゃ忙しかったんですよ本当に。
 
特に6日から8日までの間が壮絶でした。マジで体重が5キロ減りました。
漫画を描いて取材に行って漫画を描いて記事を書いてを寝ないで繰り返してましたからね。
昼は家にご飯も微量しかないので空腹に耐えながら原稿を描き、記事を書き…
 
頑張って突撃兵の兵科ランクを上げ
 
バッタバッタと敵をショットガンで薙ぎ払い
 
兵科ランクが上がりました。ゲーム楽しいィ~~~~!!!!
 
……まあ忙しかったのは本当です。
さて、今回は告知です。
皆様去年の僕の誕生日にあった事件のことはご存知だとは思うのですが。
 
知らないよって人はこちら(https://togetter.com/li/984233)を見ておくと悲惨な事件の全貌が理解できます。
 
はい、まあ家に大量の三角コーンが届いたあの事件ですね。
それは悲惨でした。短時間のあいだに三角コーンが届くわ届くわ。
家の玄関を完全に埋め尽くしましたからね。最終的には。
 
 
当時は同棲中だった今の嫁とかマジでキレかけてましたからね。
あと数個届いたらもう婚約破棄されてたかもしれない。
 
まあそんな事件があったのですが、僕は無駄にポジティブです。
この事件を使って何かしてやろうとずっと思っていたのですが、その考えに賛同してくれる強力な仲間が出現したのです。
 
超有名ボカロP、ガルナ(オワタP)さん
http://garunan.com/
 
『卓上セーブポイント』で一世を風靡したくだらないモノ工房の匠さん
https://kudaranai.stores.jp/
 
この二人と共に、僕は作り上げました。
 
七色に光る三角コーン、そしてガルナ(オワタP)さんとのコラボCDを。
 
三角コーンは匠さんの力作、1個1個手作りです。
電源を入れると七色に光りだします。暗闇に置くと冗談ぬきで綺麗です。
三角コーンのくせに。
 
 
 
CDはガルナさんのオリジナル・ソングです。新宿の繁華街とかで聞いたことがある感じのメロディーですね。
こちら、制作に関わった3名の特別対談の音声もボーナストラックとして収録されています。
 
と、いうわけで上手く三角コーン事件に便乗して作り上げたこのアイテム、去年2016年の冬コミにて販売をしたのですが…
開場およそ1時間ほどで全て売り切れました。
 
大量の光る三角コーンを抱えて有明から家に帰らなきゃいけない未来も考えていたのですが、そんな事なく大盛況でした。ありがとうございます。
……しかし、開場1時間で売り切れてしまったという事は、買えたくても買えなかったという人が結構いるという事。
 
これらの商品はコミケ限定という事で販売していたので、すぐに追加販売などをする事ができなかったのです。
光る三角コーンが欲しかったのに…CDが欲しかったのに…許せない。
やしろあずきのTwitterにアップされている部屋の写真とかから位置情報を割り出して住所を特定してやる!とか怒ってしまっている方もいるかもしれません。やめろ。
 
……なので、今回は買いたかったのに買えなかった!そんな人のために
 
ニコニコ闘会議2017で七色に光る三角コーンとCDを限定再販します!!!
 
 
日時は2017年2月12日!!(2日目です、間違えないでね)
場所はまるなげ広場の2-11です!
 
とにかく12日にニコニコ闘会議にくれば良いって事です!!!
待ってるよ!
 

日記漫画002「vsウィキペディア」wikiに書いてあることが100%真実だと思ってるから説得超大変だった どうも、やしろあずきです。 前回の予告でもあった通り、Twitterで結婚発表をするに至った経緯とその後僕のwikiがクソみたいに荒らされた話をします。 まあ前回に引き続
日記漫画002「vsウィキペディア」
wikiに書いてあることが100%真実だと思ってるから説得超大変だった
 
どうも、やしろあずきです。
前回の予告でもあった通り、Twitterで結婚発表をするに至った経緯とその後僕のwikiがクソみたいに荒らされた話をします。
 
まあ前回に引き続き結婚の話なんですが、正直めちゃくちゃ迷ってたんですよね。
Twitterで結婚報告をするべきか、否かを。
 
これまで旅レポとか連載漫画で普通にお相手の両親にご挨拶をする漫画とかも描いていたので、別に大丈夫かなとか思ってたんですが割とインターネット上で
「やしろあずきの生まれてこの方彼女できたことない感が好き」
とか
「やしろあずきは母親以外と付き合ったこと絶対ない感じして好感持てる」
とか
謎に書かれている事が多くてですね。特に2つめのコメントは訳わかんないんですけど。
母親と付き合ってるヤバい奴に好感なんかどう考えても持てないだろ。
 
まあ、そういう事が結構書かれてるわけで、そんな中唐突に結婚発表をしたら一気にフォロワーが0人とかまで減っちゃうんじゃないかとか考えた訳です。
 
 
こんな風になったりしない?
1人だけ心優しい人が残ってくれてる…!と思って見たら
 
母親だったりとかしない?親の愛。
 
まあ、そんな事を考えてちょっと躊躇はしてたんですけど、実際腹も減ってきてどうでもいいやもう。と思ってTwitterで公表しました。
僕は適当人間なんで二言目にはどうでもいいって言います。どうでもいい。
 
で、公表後叩かれたりフォロワー減ったり実家を特定されてカラスの死骸とかが送られてこないかな…ってちょっとワクワク…いやビクビクしてたんですけど
 
めっちゃ伸びとる
 
 
 
なんかすごい祝われてました。なんか一人勘違いしてる漫画家がいるけど。
みんな心優しい。ありがとう。人間大好き。
まあネタか!?マジか!?ってすげえ考察しまくってる人とかいて申し訳ない気持ちにもなったんですけど。それもこれも普段の僕の言動がアレすぎるせいですね。ごめん。
 
で、そんなお祝いムードの中「Wikipediaにもさっそく追加されてましたよ!!」という報告があったんですよ。
おお、やはりwikiは情報の更新が早いなぁ…と思って見に行ったんですが、自分のwikiを。
 
 
 
 
 
違げーよ
もうね、本当にすぐこうなるんですよ。
wikiを何だと思ってるんですが、全国の大学生が卒論の時に密かに世話になるwikiを
はい、ここで本日のもう1つのテーマ
「何かあるとwikiがとてつもなく荒らされる」話に入ります。
 
wikiって、公式情報の集まり、つまり嘘偽りない真実の辞書だと思われてるフシが割とあるんですけど、全くそんな事ないんですよね。誰だって編集できますから。
編集されたらそれが嘘かどうか判別する工程とかもないので、すぐに表示されます。
流石にちゃんとガイドラインもありますし、四六時中wikiに張り付いているwikiのプロみたいな人も存在するので嘘がそのまま放置される可能性は限りなく低いのですが…
 
それでも荒らされた文章が数時間、数日間残ることもあります。
その間にwikiにアクセスした人はそこに書いてある嘘を真実だと受け取ってしまう訳です。
…過去に荒らされた僕のwikiを例にすると
 
 
 
これは信じちゃうでしょ。
あ、やしろあずきってラグビー部のキャプテンなんだ。じゃあガタイめっちゃいいんだなーって。
生まれてこのかたラグビーした事一度もないわ。
ラグビー部にタックルされたら全身複雑骨折して死ぬぐらいにガタイもひょろいわ。
 
これは非常に嘘か本当か分かり辛い例なのですが、この他に
朝おきたら自分の年齢が9000歳になってたり、職業が薩摩藩士になってたり、出身地がアトランティス大陸になってたりとか色々されましたからね。
一番怖かったのが2016年の11月3日あたりにwikiを見たら
 
やしろあずき 1989年5月6日~2016年11月4日(死没)
 
って書いてあった事ですけどね。なんでwikiに死亡宣告されなきゃいけないの?
まあこういう一目で嘘だとわかる情報はすぐ削除されるんでいいんですけどね。
ラグビー部はマジで大多数の人が信じてて辛かった。
 
ちなみに一番最初に作られた僕のwikiがこれです。
 
 
 
これは物凄い拡散されて、最終的には親戚から「お前AV女優になったって本当か!?」
って電話がかかってきましたからね。とんだテロですよ。俺が何をしたって言うんだ。
あと親戚は僕の性別について少しは考えてくれ。
ただこのwikiに関してはとても文章にセンスがあって個人的には評価しています。
あと犯人は自首してきました。許した。
 
と、いう事でwikiを荒らすのはマジでやめようという話と、どうしても荒らしたいなら
アンサイクロペディア(wikiのパロディサイト。どんな嘘を書いても許されるし寝る前に読み始めてると眠れなくなって死ぬ)でやってくれ!という話です。
そしたら僕何も言わないんで。
 
本日は以上です。バイバイ!

日記漫画001「vs婚姻届」ちなみに血で濡れて1枚ダメにしました。二度と役所と家を往復したくない。 …どうも、やしろあずきです。 Twitterから来てくれた人はありがとうございます。初めて知った方はこれからよろしくお願いします。 この間一人でディズニーランドに行って
日記漫画001「vs婚姻届」
ちなみに血で濡れて1枚ダメにしました。二度と役所と家を往復したくない。
 
…どうも、やしろあずきです。
Twitterから来てくれた人はありがとうございます。初めて知った方はこれからよろしくお願いします。
 
この間一人でディズニーランドに行ってきた時の写真です。僕の周りにだけ人がいません。何故?
 
主にwebで漫画を描いていたり、動画で遊んだり、ねとらぼというニュースメディアでライターを始めたりとかしています。
Twitterに主に棲息しているのですが、あまりにTwitterに順応しすぎて140文字以上の文字を書こうとすると体が拒否反応を起こすようになり、このままでは社会に順応できない人間になってしまうという危機感の元140文字以上の表現ができる場所を探していたところ、Ameba様がオフィシャル化を承認してくださったためブログを始めるに至りました。
 
ここではイラスト、漫画と共に日々の出来事や色々な事を投稿していきたいと思いますので、
よろしくお願いします。
 
さて、最初の話題なのですが…先日結婚しました。結婚
なんで第一回目から結婚の発表なんてしなきゃいけないんですかね。
最近あった出来事で一番ネタになりそうなのがそれだからしょうがないんです。
あとネタになる事といえば節分の日を1日勘違いしてて昨日家中に豆という豆をばら撒きめちゃくちゃ怒られたって事ぐらいですからね。辛いな。
 
 
さて、27年生きてきて初めての結婚なわけです。
世の男性の中には2回や3回結婚をしてる強者達もいますが、僕は初回です。
初回ボーナス。
初回、という事はこいつを書くのも初めてのはずです。そう。
 
 
婚姻届。魔法の紙です。こいつを使えば人の苗字が変わりますからね。
物凄いパワーを秘めています。僕も27歳でこいつと対面する事になるとは夢にも思ってませんでした。めちゃくちゃ怖いです。
初めて見たときとか怖すぎてめちゃくちゃ距離を取ったし。
 
素手で触るのも怖いので破壊の剣(☆5SR武器)で拾いました。
 
しかもこの婚姻届、めちゃくちゃ記入欄が多いんですよ。何これ?
結婚しますか? はい  いいえ
とかでよくない?もっとシンプルな世界であってほしい。
 
最初はその文字の多さに怖気づいてたんですが、よくよく見ると記載するのは名前とか、本籍の場所とか、そんな難しくない情報ばっかり!簡単!
 
な~んだよヘヘヘ、ビビらせやがって!こいつぅ~って言いながら本籍の住所が全然記憶と違くて役所と実家を15回ぐらい行き来しました。最悪。
これから入籍する人は戸籍謄本(役所で貰えます)を先に絶対に入手しておきましょうね。
僕の屍を踏んでスムーズに籍を入れて欲しい。
 
しかしまあ戸籍情報さえクリアすればあとは名前とかを書いていくだけです。
本当のイージーモード。ではさっそくから書いていきましょう。
 
ハンドルネーム書いてた
 
泣きながら捨てました。
去年、サイン会とかで圧倒的に本名よりペンネーム書く機会のほうが多かったとはいえ、ペンネームを完全に自分の本名として認識してる自分の脳みそが怖くなりました。
 
はい、第一回はこのあたりまで。
次回はTwitterで結婚を発表した経緯とか、そのせいでwikiをめちゃくちゃ荒らされた話とかをします。というか今まで何回もwikiを荒らされてる話とかもします。
君たち隙あらば荒らすからねwikiを。朝おきたら自分の年齢が9000歳とかになってたり職業が薩摩藩士になってたりするからね。やめて。
 
次回もネタ的に結婚に関する話になっちゃいますが、このブログはホワホワ平和な新婚生活☆彡
みたいな事ばっか書くブログにはしないのでその片はご認識ください。
そんなお花畑みたいなブログにはしません。
 
僕が元いたゲーム業界でのネタや母親との壮絶な戦い、中学時代ヤンキーにたかられてた黒歴史なども赤裸々に書いていきたいと思っていますので今後共よろしくお願いします。
このブログ自体を僕の黒歴史にするつもりで頑張ります。
 
それでは!
 
トイレは相変わらずパーティールームになってます。