どうも、やしろあずきです。

 

ゲーム会社で企画職をやりつつ、漫画を描いて生きてきた僕が朝起きて出勤するという事が嫌になりすぎてフリーランスになったのが去年の10月あたり。

それから早いようでも1年が経ちました。

ありがたい事に、企業のプロデューサー業をやらせて頂いたり連載も10本ぐらい頂いていて、忙しくさせて頂いております。死ぬ。

ただ、会社員時代よりクソ忙しくても会社員時代よりもストレスは120%ぐらい軽減されてると思います。

 

 

で、なんだかんだ僕は(途中ニート企画はあったけど)新卒でゲーム業界に飛び込んでからずっと会社員だったわけで、憧れていたフリーランスという生き方を1年間してみて感じたことというか、フリーでいる事の良いところと悪いところや、あったほうが良いスキルなどを自分なりにちょっと書いておきたいと思います。

 

 

ほぼほぼ自分用メモのつもりなので、フリーランスを目指している人とかは真に受けすぎずこんな感じの奴もいるんだな~程度の認識でいてくれると嬉しいです。

 

 

 

 

【フリーランスの良いところ】

 

・起きる時間が自由

僕的に一番嬉しいのがこれです。

毎日決められた時間に起きてどこかに行くという行為がタマネギと同じぐらい嫌いな僕にとっては、目覚ましをかけずに自然に目覚めた時間に活動を開始できるようになってからかなりストレスが軽減された気がします。

 

 

・通勤がない、仕事をする時間が自由

これは業種にもよると思いますが、僕の場合は自宅が事務所にもなっているので朝起きたら仕事場にいるみたいなものです。数年前のように毎日電車に揺られて死んだ目をしながら新宿まで通っていたらきっと廃人になってたと思うので、これも相当ストレス軽減の理由になってます。

あと好きな時に仕事を始められるのも最高。ちょっと集中力切れたからゲームしよう、とか普通にできます。これは会社員時代もやってたけど。

 

 

・嫌な仕事は断れる

上司命令がないので、嫌だなぁ~とか自分の毛色に合わないなぁと思った仕事は断れます。

フリーランスは選り好みしないでとにかく仕事を受けまくれ!なんていう人もいますが、明らかにつまらない仕事を受けてしまうと、それが世に出た時自分もつまらない人間だと思われてしまう危険性があるのである程度稼げるようになったら仕事はしっかり選ぶべきだと思います。

(これはどこかの受け売りです)

 

 

・いつでも人と遊べる

予定を開けるも開けないも自分次第なのでかなりフレキシブルに動けます。

その代わりスケジュール管理ソフトに自分の全生命力を注ぎ込まないと死にます。

 

 

・仕事中誰も気にせず屁をこける

最高。

 

 

・仕事中誰も気にせず寄声をあげれる

最高。

 

 

・とにかく自由

僕にとって一番のメリットは上にあげてきたとおり、とにかく自由なんですよね。

自分がしたいときにやりたい事をやれて、したくない時は別にしなくていい。

うるさい上司もいない、職場特有の面倒な人間関係もない…

別にコミュ力がないわけではなかったのですが、昔から周りに合わせて動けみたいな所謂チームプレイが苦手だったので本当に今は最高の環境で働けていると思います。

 

 

 

【フリーランスの悪いことろ】

 

・税金の勉強が必要

フリーランスは個人事業主、社長みたいなものなので税金関係の色々は自分でやらなければいけません。

会社員からフリーになって人生最高~って思っていても誰もが一度は「会社員はいいなぁ…」って思うはずです。確定申告の時に。

今では税理士さんに全てをぶん投げてますが、最初の頃はマジで確定申告で禿げ上がる思いをしたので税金云々は義務教育で少しは教えといてほしい。

 

 

・社会保険とかない

国保が高い。僕は国保に殺されそうになったので文芸美術国民健康保険組合に入ってますが、そういう対策が必要です。

国保を安くしようと確定申告で税金対策しすぎるとアレです、ローンが組み辛くなるんですよね……

 

 

・将来が怖い

一寸先は闇。

正直、今はサラリーマン時代の何倍も稼げていますが現状がそのまま続いていく訳はありません。いつ仕事がなくなるかわからないし、事故で右腕が使えなくなったらその瞬間に終わりです。正社員の場合は会社が守ってくれますがフリーランスの場合は何か保険などに入っていない限り野垂れ死にするしかないです。

僕が漫画だけじゃなくいくつかの会社のアドバイザーをやっていたり、GANMA!のプロデューサーを始めたのもそういう理由なんですよね。

 

フリーで生きていくには、常に変化していく社会の中に自分が仕事をしていく場所を確保し続けるため考え、成長し続けないといけないと思います。(奇才・天才は別として)

 

 

・ぶっ倒れたら終わり

終わり。

 

 

・社会的信用がない

どんなに稼いでてもクレジットカードが作れない可能性も高いので、会社員時代にクレジットカード類はできる限り作っておいたほうがいいです。

 

 

 

 

【フリーランスにあったほうがいいスキル】

 

・コミュ力(営業力)

コミュ力(笑)とか馬鹿にされますが、これはマジで重要です。

人と話したくないからフリーになりたいのに…とか会社員じゃないんだからコミュ力いらないだろ!思ってる人もいるかもしれませんが、いります。

 

同程度の能力を持っている会話が上手くできない人と会話が上手くできる人がいたら、会話が上手くできる人に仕事を頼む人のほうが多いと思います。そういう事です。

むしろコミュ力がない人は会社員してたほうが生き残れると思います。最後には周りがなんとかしてくれるだろうし…フリーランスで壊滅的に会話ができない、しようとしない人とか余程の天才じゃない限り即効で仕事なくなるのではないでしょうか…

 

フリーランスは自分を売り込んでいく営業力、そして人脈がとても大事だと思います。人付き合いの流れで「あ、今度こんな仕事あるんだけどどう?」とでかい仕事が決まる事は結構あるんです。

なので僕はよくパーティーとかいきます。人脈はお金にもなりますし、色々な凄い人と出会う事で自分の視野を広げてもっと楽しく生きれるようになるので。

 

 

・自己管理能力

フリーランスは体が資本とはよく言ったもので、体調管理は本当に重要です。

スケジュール管理もそうですし、とにかく自分自身のキャパをしっかり管理したほうが良いと思います。

 

 

・気楽さ

だからといってあまり根を詰めすぎず気楽に生きていくべきです。

自由を満喫しましょう。

 

 

 

 

 

このぐらいですね。

少しでもフリーランスという生き方がわかったなら嬉しいです。

 

あと最後に言っておきたいんですが、よく会社員に「フリーランスはなんでも経費で落とせるから最高だよな~」って言われるんですが、フリーランスの経費は会社員の経費と違って普通に自腹です。確定申告の際に経費計上して税金対策してるだけです。

会社員的な意味でなんでも経費にできてたら今頃経費でラスベガスでも行ってるわ!!!!!!!!!!!

 

 

おわり