web漫画家やしろあずきの日常

web漫画家、やしろあずきの日常や愉快な家族エピソードを4コマ形式で紹介!やしろあずきオフィシャルブログ

タグ:息抜き4コマ

やしろあずき@yashi09「作業、手さえつければやれるんだけど手を付けるまでに時間がかかる」って人に「自分に嘘をつく」って方法は結構有効で、「これを5分だけやったら遊ぶ!絶対遊ぶから5分だけならやれる」って本気で思った状態で手を付けると脳のスイッチが作業モードに
006



ってことです。

自分に嘘をつく=自分の脳を騙すってことですね。


人生において「手をつけられたらめっちゃ集中できるけど手を付ける気力がなさすぎて作業が始められない」ってことめちゃくちゃ多くないですか?僕がダメなだけ??

僕の場合は基本こうで、「手を付けられたら勝ち」なんですよね。
ライター作業でいうと最初の5文字だけでもいいから打てればスイッチが入って作業が進むけど最初の5文字を打つ気になるのに5時間ぐらいかかるみたいな。アホか。


なので自分の脳に向かって
「よっしゃーーー5分やったら遊ぶぞ!!!5分だけ作業するからな!作業は嫌だけど5分だけやれば3時間ゲームできる!!!!それなら5分ぐらい作業できるだろーーー!!フォッポォフゥーーー!!!!!」
って叫んでそう思い込ませれば割と軽く作業に着手できるんですよね。
「のちのゲームのために5分だけ作業する脳」になるんです。僕の脳が単純だからかもしれませんが。

で、脳がそうなってしまったらあとは作業に手を付ければ、5分だけ作業するつもりが脳が「あれ…割と作業にノってきたからまだできそうだな…」という「作業のスイッチ」が入った状態になり結局作業が捗ることになる…と。
5分だけ作業して3時間ゲームできる?残念だったな、あれは嘘だ。






…作業の度に脳を騙しているのでいつか脳に反逆されて人格を乗っ取られないか不安です。
皆様も何か作業をする際に集中するため自分で決めているルールとかあったら教えてください!
×